学校教育目標

更新日:2015年06月12日

1 学校教育目標

 

 ○ 豊かな心を持つ生徒     (徳)

 ○ 自ら学ぶ生徒           (知)

 ○ たくましい体を持つ生徒   (体)

 

2 校訓

 

 ○「克己自問」

 

3 めざす生徒像   

 

 心豊かで,思いやりのある生徒

 運動で体力づくりに努める,たくましい生徒

 最後までやり抜く,根気のある生徒

 いつもよく考え,自ら学び,自ら行動できる生徒

 

4 学校経営の基本

(1)生徒にも教師にも楽しい学校づくり

  ①いじめや不登校がなく,生徒が仲良く学校生活が送れる安心で,楽しい学校づくりを推進する。

  ②生徒たちにとって居場所感があり安心していられる教室,深い学びに没頭できる教室づくり,学校づくりを推進する。

③教師間で報告・連絡・相談を適切に行い,共通認識のもと,同僚性を培う学校づくりを推進し、一体となった教師集団を目指す。

(2)信頼される学校づくり

  ①「対話」と「協同」のある授業を展開し,学び合いを大切にし,基礎・基本の定着を図るとともに,コミュニケーション力,思考力,表現力,判断力及び活用力等を育成する。(“すべての子どもの学びを保障する”ために,学びの共同体理論をはじめ,広く良い理論・実践例を取り入れ,授業改善を積極的に進める。)

②授業をはじめ,あらゆる教育活動をとおして親和的で互恵的な人間形成を育む。

③親和的で互恵的なつながりを基盤とした安全で安心な学級づくり,学校づくりを推進する。

(3)豊かな心を育てる学校づくり

  ①合唱活動,絵画や書道等の生徒作品の掲示などを推進し,芸術文化の香りを醸し出す学校づくりを推進する。

  ②生徒が主体的に取り組む部活動を推進する。

  ③豊かな感性を磨く教科指導や道徳及び行事等の創造に努める。  

  ④校舎内外がきれいで,整備されている学校づくりを推進する。

 ⑤だれに対しても正しい言葉づかい,行い等を心がけ,礼儀を重んじ,人格を尊重し合える学校づくりを推進する。

  ⑥さわやかなあいさつができる生徒を育成する。

(4)教育研究を中軸に据えた学校づくり

 ①教師は専門職として自己の力量を常に向上させる必要がある。そのために校内研修と自己研修の充実に努め,資質と指導力の向上を図る。

  ②スーパーバイザーを招聘し,校内研修の充実を図る。

(5)家庭・地域・学校との連携を重視した学校づくり

  ①家庭・地域・学校はそれぞれの役割を理解し合い,生徒を中心に置きながら連携して,生徒の健やかな成長を期す。

  ②地域人材の活用を積極的に行うなど,地域に根ざした開かれた学校を推進する。 

 

5 教師の信条

(1)生徒一人一人の存在を大切にし,生徒とともにある教師

(2)教室を開き,よりよい授業を目指す教師

(3)保護者・地域と連携する教師

(4)仲間とともにある教師