学校長より

更新日:2019年04月18日

 

                 甲西中学校のホームページを御覧いただき,ありがとうございます。

 昭和32年4月1日に大南中学校,峡西中学校を統合し、甲西町立甲西中学校が開校しました。(甲西町は昭和30年4月に,落合・大井・五明・南湖の4か村が合併し誕生)
 平成15年4月1日,中巨摩郡甲西町・櫛形町・若草町・白根町・八田村・芦安村が合併し,南アルプス市が誕生しました。これに伴い南アルプス市立甲西中学校となりました。
 本校がある甲西地区は南アルプス市の南部に位置し,野菜や果樹を中心とした農産物の生産が盛んであるとともに,地区南部には甲西工業団地があり,幅広い産業での発展を続けています。地区の中央部を南北に走る中部横断自動車道が双葉JCTから下部温泉早川IC間,新清水JCTから富沢ICまで完成し,2020年内に全線開通がされる予定です。
 本校は,南に富士山,北に八ヶ岳,西に南アルプス連峰と,日本を代表する山々を背に,水と緑に溢れる風光明媚な環境の中,学校創立63年を迎え,320名の生徒,34名の教職員が力を合わせ,校訓『克己自問』を精神的支えとし,学校教育目標である「豊かな心を持つ生徒(徳)」「自ら学ぶ生徒(知)」「たくましい体をもつ生徒(体)」の育成を目指し,教職員が一丸となって教育活動に励んでいます。
  本校の校歌に,「かざすは自治の 旗じるし…」「真理のとびら ひらくもの…」「あしたをにない 進むもの…」という一節があります。これらのフレーズにあるように,『人間力を高め,自立する』ことを目指し,互いに切磋琢磨しながら勉学に励む一方,部活動にも力を注ぎ,多くの生徒がその両立を目指しながら自己の夢の実現に向け,活動を続けています。学校教育方針を「自ら未来を拓き,自己実現をめざす生徒を育成する」とし,『協和・誠実・努力・愛』と『甲西プライド』を合言葉として,教職員が「目・声・時間・心・願い」の『五つのかける』を実践し,生徒一人ひとりが,最後まで粘り強く頑張りぬくことができるよう支えていくことを目標としています。子ども達のより良い成長に向け,保護者・地域の皆様にも『チーム甲西』の一員としてご参加・ご支援・ご協力をお願いいたします。

                                         平成31年4月
                                         南アルプス市立甲西中学校
                                         校  長   村 松 博 己